債務整理の手引き 債務整理について分からないことありませんか?債務整理に関する情報をわかりやく説明しています。

債務整理の流れ

任意整理の依頼の流れ

任意整理といった債務整理を行う場合の流れとしては、
まず、弁護士や司法書士の事務所に連絡し、相談を行います。
その後、事務所へ行って債務整理の費用などについての説明を受けます。
説明に納得し、依頼することが決定した場合、事務所の方で委任契約書を作成し、
各債権者に受任通知を発送します。
そして、債権者に対して取引履歴の開示請求を行い、利息制限法による再計算を行います。
再計算を行った後、債権者との和解交渉を行い、
借金の残高を分割で支払うという和解契約を結びます。

個人民事再生の依頼の流れ

弁護士や司法書士が債務整理の相談を依頼されると、
個人民事再生の手続きを利用する場合もあります。
具体的にその流れを見て行きましょう。
弁護士や司法書士が債務整理を受けるとその受任通知を債権者に発送します。
その後、裁判所に民事再生の申し立てを行い、提出する書類を作成して提出します。
申し立てと書類が要件を満たしていれば、裁判所が民事再生の開始がなされます。
裁判所が選任した再生委員との面談、尋問が行われます。
次に債権届出異議申立を経て、債権総額が確定される事となります。
それに併せて民事再生の理由を記載した報告書、債務者の財産目録を作成して、
その後の支払い方法を記載した再生計画案を裁判所に提出することとなります。
再生計画案に対する書面決議や意見聴衆等が行われ、
再生計画の認可・不認可決定し認可されたら返済がスタートされる流れになっています。

自己破産の依頼の流れ

債務整理の方法として自己破産を選んだのなら弁護士に依頼することが多いでしょう。
弁護士に色々な書類を提出することが必要となります。
その後の流れとしては、まず裁判所へ書類を提出します。
そして、裁判所から色々な質問を受けることになります。
そして数日後に破産手続き開始決定が下されます。
財産があればこのときに破産管財人が選任されます。
そこから1ヶ月から2ヶ月くらいは手続きに要することになり、
そして免責許可の決定が下されれば債務の支払いが免除されます。
そして、この方法で債務整理をしたことが官報に記載されることになります。

特定調停の依頼の流れ

債務整理の特定調停は裁判所に依頼することになります。
債務整理の中でも、裁判所に直接依頼するというのが特定調停の特徴だといえるでしょう。
まず、債権者の住所のある簡易裁判所に申し立てることが必要となります。
このときには印鑑や印紙代、切手代などが必要となります。
それとともに返済額を決めるために収入がどれくらいあるのかを知るためのものを
もって行くと良いでしょう。
申し立てをすれば呼び出し状が届けられ、次ぎは調停準備期間が設けられます。
その後、調停の日がやってきて、双方が合意すれば朝廷が成立します。
おおむねこのような流れになっています。