債務整理の手引き 債務整理について分からないことありませんか?債務整理に関する情報をわかりやく説明しています。

個人民事再生とは

個人民事再生とは債務整理の一種で、
マイホームを持っている人のために作られたものです。
他の債務整理の方法との違いは住宅ローンに関する部分だといえるでしょう。

例えば、自己破産した場合には住宅を持っていれば住宅を手放し、
そして自己破産によって住宅ローンもなくなります。
この二つの部分を排除したのが個人民事再生です。
もしも住宅がなくなってしまうと、それから生活をしていくのは困難になってくるでしょう。
住宅を手放さず、そして住宅ローンを返済しながら債務整理を行うことが必要とされ、
この制度が作られるようになりました。
給与所得者の場合には、一定の条件を満たせば債権者の同意を得られなくても
手続きを行うことができます。
給与所得者ではない場合には、債権者の過半数が同意するということが
必要となってきます。
どちらにしても、住宅を手放すことなく債務整理ができますから、
人生をやり直そうと思っている人にとっては非常に便利なものです。

個人民事再生のデメリット

債務整理を行う際に、個人民事再生を選択する場合
、いくつかのデメリットがあるので、事前に把握しておくことが大切です。
個人民事再生のデメリットとしては、信用情報機関に名前が登録されてしまうと事と、
保証人に対して支払い請求が行われるという事などがあります。
信用情報機関に名前が登録されてしまった場合、ある程度の期間は新たな借り入れを
行うことができなくなります。
また、保証人をつけて借入れを行った場合、保証人が支払い義務を負うことになり、
保証人に対して大きな迷惑をかけることになります。

個人民事再生をすると自宅や保険は手放さなくて良い

債務整理として自己破産を選んだ場合には、
現金に換金できる資産はすべて手放すことが必要となりますが、
個人民事再生の場合には例外として認められるものがいくつかあります。
手放さなくて良いものとしては自宅と保険とがあります。
個人民事再生の目的は自己破産をせずに生活を続けていくことですから、
それに必要な自宅や保険を手放す必要はないのです。ですから、
債務整理の方法としては自己破産よりもすぐれたものだといえるでしょう。

個人民事再生をすると負債は原則5分の1に

自己破産のように負債がすべてなくなるというものではありませんが、
返済できるように減額する事ができます。
原則として負債は、もともとの総額の5分の1または100万円の多いほうとなります。
そして、この金額を3年間で分割して支払って行く事になります。
残りの5分の4は免除されますから債務は大幅に軽減されます。
そこまで軽減されれば返済を続けて行くことができるでしょう。

その他の債務整理の種類