債務整理の手引き 債務整理について分からないことありませんか?債務整理に関する情報をわかりやく説明しています。

自己破産とは

自己破産は債務整理の最終手段で、
資産を処分する代わりに借金もなくなる方法を指します。
何らかの理由があって大きな借金を抱えてしまい、そしてどれだけ働いても
借金を返済できなくなってしまうということもありえることでしょう。
そうなると働く意欲も失せますし、文化的な生活を送れなくなることもあるでしょう。
このような人を救うために作られた債務整理の方法が自己破産です。

もっとも大きなメリットは借金がなくなるということです。
基本的にはすべての借金がなくなりますから、人生をもう一度やり直すことができるでしょう。
当然の事ですが、処分できる財産は処分して返済に充てることが必要となってきます。
そのために、資産と呼べるものは何もなくなります。
債務整理というと悪いイメージを持つ人も多いと思いますが、
その目的は債務者の救済策だといえるでしょう。
借金まみれの疲弊した生活から抜け出すために必要なすぐれた制度だと言えるでしょう。

自己破産のデメリット

債務整理として自己破産を選ぶ場合、事前にデメリットについて把握しておくことが大切です。
自己破産のデメリットとしては、信用情報機関に名前が登録されてしまい、
しばらくの間、新たな借り入れをすることができなくなるという事や、
保証人に対して借入金を一括で支払うように求める請求が行われ、
保証人に迷惑が掛かってしまうという事、住宅や車をはじめ高額な所有物は
差し押さえられて、強制的に処分されてしまうという事などがあります。

自己破産をすると借金の支払い義務はいっさいなくなる

自己破産をすると、生活をするための最低限のものを除いて、
すべての資産を手放さなければなりません。
換金できるものはすべて換金をして返済しなければならないのです。
その代わりに、借金の支払い義務はいっさいなくなります。資産は失いますが、
借金が完全になくなった状態の中から再出発できる債務整理の方法だと言えるでしょう。

自己破産支払い不可能であれば利用可能

銀行や消費者金融からの借り入れがかさみ返済が滞りがちになった時、
返済によって困窮を極めたり借金の取り立てに怯えたりする日常から
解放されるために債務整理という手段を採る道筋が存在します。
その中でも自己破産はもはや返済金の支払い不可能という状態に陥った人が
採る法的手段であり、これに相当するのであれば手続きによって
借金をゼロにして人生を再スタートすることができるようになります。
まずは無料相談窓口にて弁護士や司法書士といった専門家のアドバイスを仰いだ上で
検討してみるとよいでしょう。

その他の債務整理の種類