債務整理の手引き 債務整理について分からないことありませんか?債務整理に関する情報をわかりやく説明しています。

債務整理の料金は?

任意整理の依頼料金

任意整理は債権者に交渉をして債権を減額してもらう債務整理の手続きなのですが、
その料金は債権者の数に応じて決まることが多いようです。
法的に報酬が定められているわけではありませんから、
その報酬の金額は弁護士ごとにまちまちです。一例を挙げるのであれば、
債権者1社について7万円が基本料金という弁護士事務所があります。
そして、もしも過払い金が発生していた場合には、
過払い金の返還請求によって返還された金額の2割を報酬として要求するというものです。
債務整理の中では比較的分かり安い体系になっていることが多いでしょう。

個人民事再生の依頼料金

債務整理の方法として個人民事再生を選んだのであれば、
その依頼料金は法律事務所によってことなっていますが、
安い者を探せば60万円くらいで利用することもできます。
これくらいの相場だと考えておくべきでしょう。
基本的な考え方としては基本料金に実費を組み合わせるという方法です。
ですから、例えば債務整理の対象となる債権者が多ければ多いほど費用はかかってきます。
また、過払い金が発生していた場合には返還請求を行う場合が多いのですが、
返還された場合には返還された金額の20パーセント程度を報酬として
支払うことが必要となる場合も多いようです。

自己破産の依頼料金

債務整理をするためには料金を支払うことが必要となりますが、
自己破産の場合には着手金と実費とになります。
債務整理については弁護士事務所が独自に報酬を定めることになりますから、
いくらだというように決めることはできません。
ただ、相場はあります。自己破産の場合には、着手金が20万円程度だと考えておきましょう。
ですから、まずこの費用がかかり、そして状況に応じて料金が発声するということです。
例えば、最近では過払い金の返還請求が行われることが多いのですが、
その場合には返還された金額に応じて支払わなければならない場合が多いでしょう。

特定調停の依頼料金

債務整理の方法の一つとして特定調停がありますが、
特定調停を利用するための料金は、基本的には印紙代と切手代です。
裁判所に申し立てを行わなければならないわけですが、
このときに収入印紙を貼ることが必要となります。
その金額は裁判所によって異なっているのですが、
多くの場合には債務整理を行わなければならない債権者が1社について500円くらいに
設定されています。ですから、4社から債務があるのなら2000円ということになります。
それとともに郵便切手代が1500円くらいかかることになります。
全体的に大きな金額ではありません。