債務整理の手引き 債務整理について分からないことありませんか?債務整理に関する情報をわかりやく説明しています。

特定調停とは

特定調停は債務整理の一種で、裁判所が間に入ってくれるものを指します。
簡易裁判所を利用した債務整理だといえるでしょう。
返済ができないわけではなかったとしても、
このままの状態が続けばいずれは返済できなくなってしまうというようなときに利用します。
基本的には、債務で苦しんでいる人を助けるためのものだと言えるでしょう。

利用するための目安は、債務を3年以内に返済できるのかどうかと言うことです。
あくまでも返済ができるということを目的にしていますから、
借金のなくなる自己破産とは異なります。

特定調停を起こすためには何らかの知識が必要となるわけではありません。
高度な知識は必要ありませんから、誰でも利用することができます。
債務整理というと弁護士や司法書士に依頼することが多いのですが、
その場合にはお金が必要です。特定調停では大きなお金は必要となりませんから、
弁護士や司法書士に報酬を支払えないという人にとっては便利な債務整理の方法です。。

特定調停のデメリット

債務整理の一つの方法として特定調停があります。
便利なものなのですがデメリットがあるということも把握しておく必要があります。
もっとも大きなデメリットは、裁判所に出向かなければならないという事です。
特定調停は、自ら申立をするという事になりますから
自ら簡易裁判所に出頭しなければなりません。
もっとも少なくても2回は出頭しなければなりませんし、
債権者が多いとはさらに何度も出頭しなければなりません。
そのために、休みを取りにくい人にとっては大変なのです。

特定調停では浪費やギャンブルでも債務整理ができる

浪費やギャンブルによる借金が膨らんで返済が難しくなり、
自己破産による債務整理を行おうとする場合、
借金の原因が免責不許可事由に該当し、返済を免れることができないという事があります。
しかし、特定調停により債務整理の場合を行う場合は、
借金の原因を問われる事が無いため、浪費やギャンブルによる借金の場合でも手続きを行い、
借金を整理することができます。
ただし、特定調停を行う場合、単発的でなく、継続的な収入がある事という条件があります。

債務整理する金融会社を選ぶことができる

複数の金融会社から借入を行っているときには、
債務整理の手段として特定調停を選ぶメリットはあります。
特定調停では、複数の中から一つだけを債務整理の対象とする事ができるのです。
ですから、例えば高い金利で契約をしてしまったところの債務だけを
整理するという事もできるのです。
返済ができるところには返済を続けながら、
返済ができないところの債務はすべて整理してしまうというような方法を
取る事ができますから、返済が容易になります。

その他の債務整理の種類