債務整理の手引き 債務整理について分からないことありませんか?債務整理に関する情報をわかりやく説明しています。

弁護士が必要なタイミング

借金の返済に追われて、目先の返済はできたとしても、長期的には元金が減っていかない
ということが分かって時点で債務整理が必要となるのですが、
そのタイミングで弁護士に相談するのが良いでしょう。
なぜかというと、債務整理は早ければ早いほうが良いからです。
どうせ自己破産をすれば財産はすべて失うのだから、
ぎりぎりまで頑張るのが良いと考える人もいると思いますが、
債務の金額があまり大きくない状態であれば自己破産以外の債務整理の方法を
選ぶことができる場合もあります。

例えば、任意整理を行うことができれば、自己破産よりも有利に債務整理を
行うことができますし、住宅を持っている人なら個人民事再生を行うことができれば
住宅を失わずに債務整理ができるでしょう。
このように、早めに手を打てばいろいろな方法を選ぶことができます。
ですから、将来的には債務整理が必要になるかもしれない
と思ったときが弁護士が必要なタイミングだと考えておくと良いでしょう。

自分で行なって難しくなってきた場合

債務整理を行う場合、手続き方法の種類によって異なりますが、
債権者との交渉や、裁判所へ提出する書類を作成したりといった専門知識が
必要な手続きが存在します。
そのため、債務整理のための手続きを自分で行うのは難しい場合が多く、
専門的な知識を持った弁護士や司法書士へ依頼することにより、
スムーズに手続きを進めることができます。
弁護士や司法書士へ依頼する場合、
電話やメールによる無料相談を行っている場合も多いため、気軽に相談することができます。

本人への連絡が多くなってしまった場合

いくつかの金融会社から借入を行って、そして返済ができなくなると、
まず連絡が来ます。それが多くなってくると、精神的にも負担が大きくなってくるでしょう。
このようなときには、債務整理をする事によって連絡を止める事ができます。
債務整理の方法にもよりますが、弁護士や司法書士を利用した場合には
代理人となってくれます。
それによって金融会社は債権者に直接請求する事はできなくなり、
弁護士や司法書士にしか請求できなくなるのです。

返済方針が決まっていない場合

債務整理によって借金の問題を解決しようと思ったときには、
返済方針を決めることが必要となってきます。
しかし、それが決まっていない状態であっても、
弁護士や司法書士に依頼をすれば請求を止める事ができます。
つまり、取り立てが止まるという事なのです。
返済方針が定まっていないから債務整理の相談ができないと考える人も
いると思いますが、そうではありません。
取り立てに悩んでいるのなら、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談をしましょう。